ピナクルスポーツで競馬もしているのですが

競輪を遠くからみていたころの印象は、
競馬に比べて選択肢が比較的少ないし
(9人でのレース)意外と簡単に当たるのでは?という感じでした。
ピナクルスポーツで簡単にできるますしね

しかしそこはやはりギャンブル。ビギナーズラックがこの世に存在するとはいえ、
そう簡単に当たるものではありませんでした。
ビギナーズラック
9人の戦いでも、その中で小さなチームを作ることに
よって団体戦のような展開でレースが繰り広げられることになっており
どの選手を買うか?の前に、どんなチームでどんな展開になるのか?
を予想しなければいけないのです。

これはピナクルスポーツの初心者にはツライです。少し展開を覚えても、
そのチーム通りに決まれば配当は決まって安いオッズになっていて
ルールを無視して大穴を狙う根拠も正直あまりみつからず、でした。

競馬であれば、馬の名前や見た目がかわいいなど応援したくなる要素があるものですが
競輪は競技全体に難解さが初めから漂っていて、素人目にも人気のギャンブルになるのは
厳しいのでは?という感想を持ちました。

それでも選手の脚力、ラストの身体をぶつけあいながらの競争には迫力がありました。
もっと選手を称える人気が出ることを期待したいものです。
ピナクルスポーツでもっと頑張ろうとおもいます。

Just another WordPress site