メリット・デメリット

ブックメーカーは、海外で認められたギャンブルのサイトです。
日本では法律で指定された場所以外でのギャンブルは禁止されていますが、海外のサイトにアクセスしてぎゃブルに参加することに関しては規制されていません。
ブックメーカーのメリット・デメリットについて紹介します。

・ブックメーカーのメリット

一つ目は、「勝率が非常に高い」ということがあります。
普通ギャンブルは初心者には当てることは難しいものですが、ブックメーカーはきちんとルールに沿って駒を立てることで、簡単に勝つことができます。

二つ目は、ネットによるギャンブルサイトの為に、払い戻し率が非常に高いということです。
日本の公営ギャンブルに比べてブックメーカーならば平均で9割以上のペイアウトとなっています。
サイトによってはそれ以上のものもあります。

三つ目は、駒を立てた時点で配当が決まりますので、その後参加者が増えたとしても自分の配当は確保されます。
人気のある勝負でも締め切り後に配当が変わることはありません。

・ブックメーカーのデメリット

一つ目は、海外のサイトなので入金のトラブルなどがある場合も想定されます。
配当が中々入金されないけれど、英語のサイトなので連絡が取りにくい、という言語的な問題もあります。

二つ目は、勝率が高い分一攫千金を狙えないというところにあります。
ブックメーカーで生計を立てるということも中々難しいであることがやってみれば分かるでしょう。

三つ目は、操作が機械的な分、ミスをし易いので注意が必要です。
数字の打ち込みに慣れていない人がミスをしたり、マックスベット規制に引っかかったりすることがあるので、操作をする際に注意深くすることが大切です。

タグ: ,

Comments are Closed on this Post