ブックメーカーの違法性に関する考察

ブックメーカーを利用して賭けをしてみたいという人にとって
どうしても気になるのが日本のおいてブックメーカーが違法性があるかどうかということでしょう。
ブックメーカーの違法性についてはもし、ブックメーカーの運営元が日本国内にあり、賭けをする人も
日本国内で賭けるという場合には文句なく日本の賭博罪になります。
どちらも日本国内でありますから日本の法律が適用されるからです。

しかし、日本人が海外のギャンブルが合法である国でギャンブルを
したところで日本国内の法律は適用をされませんからこれもまた文句なく違法性はありません。
問題は、海外のギャンブルが合法であり、ライセンスを得ている運営元がやっている
ブックメーカーのインターネットなどのサイトで日本人が日本国内において賭けをするというときでしょう。
ブックメーカーのサイトなどでは違法性はないということを明示している場合もありますが完全に違法性がないとは言えません。
賭けをする人が日本国内にいるのですから。

しかし、実際にはブックメーカーの賭けの行為で検挙された人はいませんから、
司法的にも違法か合法かという判断もなされていないのが現状です。

それでも、注意しなければならないのはこれからそのような場合を想定した法整備や司
法判断が出ないとも限らないので、そのうち日本でのブックメーカーの利用が完全に合法になるか、
それとも違法になるかは今の時点では何とも言えないということなのです。

タグ:

Comments are Closed on this Post